上を向いて生きる

セミリタイアを妄想、迷走中のアラ還女子です♪ パートナーとは遠距離生活で東京砂漠を日々サバイバルしてます(^_^)

50代に必要な貯金額はいくらか?

f:id:nanami3964:20201026181950j:plain

「50代の下回っているとまずい最低貯金額はいくらか?」というのが、ネットニュースに載ってました。

 

まずは最近の50代の貯金事情ですが、国の家計調査(2019年)によると、世帯主が

50歳~59歳で2人以上の世帯では、平均貯蓄額がなんと「1,704万円」!!

本当にそんなにあるのか( ゚Д゚)

 

しかし、同年の金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」では

日常利用する生活費以外の「運用の為または将来に備えている金額」では

2人以上世帯では2割以上、単身世帯では4割近くがゼロだそうです。

平均値より実態に近いとされる中央値は、2人以上世帯で600万円、単身世帯で

54万円だそうです。

この辺だと、なんか実態と近いような気がします。

 

そこで、「最低限ここまで貯めておかないと危ない」貯金額はいくら?  ですが、

世帯別に解説されていて、私の関係する「独身の会社員例」はこちら

⇒今後かかるお金:老後資金

60~90歳まで30年間老後として、月平均20万円で暮らすとすると

7,200万円必要。

この時点でびっくりですね~。計算すればそうだけど、

トータル出されると、こんなお金あるわけないじゃんと思ってしまいます。

 

そして、今後もらえるお金:退職金+年金

定年退職で2,000万円 厚生年金月額15万円×25年(65歳~90歳)で合計6,500万円

いやいや、今時退職金2,000万円もらえる人がどれくらいいるのか。

定年まで1社で働き続ける人も少ないだろうし、第一そんなに出るのはお役所

か大企業だけ。日本の大企業比率は2ケタいかないと思いますが。

厚生年金もこんなにもらえない。

 

計算甘すぎるんじゃと思いますね。

記事によると、差額は700万円なので、60歳までに貯金できるか、60歳~70歳まで月5万円分だけ働けばよいと。

退職金ない人や自営業の人はこれより厳しい試算になると書いてはあったけど。

 

これを自分に当てはめてみると、何千万円も足りないことになります。

90歳まで生きるかわからないけど、でも両親長寿だし、可能性はある。(汗

その間に病気したりとか考えたら、目の前真っ暗ですね。

 

ずっと正社員で働いてきた私でもこんな感じなのに、非正規社員の方たちは

もっと厳しいのでは?

私たちが年金をもらうころに、その人たち(非正規の人や貯金が全くない人)は

どうして生きていくのか? いや、私みたいに焦っている人は少数で、みんな

悠々自適なんだろうか? とか、色々考えてしまいました。

 

そうなると、やっぱり正社員でいられるうちはどんなことがあっても会社に

いた方がいいのか?  嫌な話ですね。

 

今までなら、いたかもしれない。けど、もっと長い期間、自分で前向きに生き生き働くには、50代からリスタートしたい。そう思ってます。ただし、今からのリスタートで仕事があるかどうかはとっても不安。

ここは、なんとかなるさと楽観的に考えて、何とかならないときは生活保護かしら?それも、なんか嫌だな~。

 

ちなみに夫婦+子供(高校生)1人の場合はこちら

⇒今後かかるお金:老後資金

老後資金+教育費(大学進学費)+住宅費(ローン残債)

60歳~90歳まで30年間老後があるとして、その間月平均30万円で暮らしていくとすると1億800万円。

 

今後もらえるお金:退職金+年金

夫会社員 妻扶養内パートと想定。夫の退職金2,000万円、年金が2人合わせて

月23万円×25年(65歳~90歳)で合計8,900万円

 

差額3,600万円 60歳までにこの金額を貯める、もしくは生活費を25万円で抑えるよう工夫するか、夫婦で月10万円分、60~70歳まで働くだそうです。

 

あなたのポチが私の活力! にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村